空でもOK!ワインのボトルも買取ってもらえる!!

カテゴリー ワイン買取について

高価なワインのボトルはコレクション的な価値があるので、高額買取が期待できる

未開栓のものの方が高額買取されることは当然ですが、ワインの場合、希少なものであれば空きボトルであっても買取対象となります。

ワインが好きな人は、貴重なボトルを見ただけでも興奮します。つまり、コレクション的な価値がそこにはあるのです。

持っているだけでもステータスになるワインボトルは高額買取が期待できるため、処分前にワイン買取専門の業者に査定してもらいましょう。

ワインボトルを買取に出す際の注意点

同じ銘柄の空きボトルでも、状態などによって買取価格が変わることがあります。査定や買取に出す前に、これから紹介する注意点についてチェックしておきましょう。

少しでも買取価格を上げるためのコツにもなるので、実践するなり注意点を守るなりし、買取価格が下がらないようにしてください。

付属品はできるだけ揃えて買取に出す

中身が入った状態と同様に、ワインの空きボトルも付属品があれば、それだけで買取価格が上昇します。

ワインが入れられていたケースはありますか?それも立派な付属品です。ギャランティーカードがあれば、確かにそのお酒が貴重なものであったことの証明になります。

また、ワインの場合にはコルク栓も非常に重要な付属品となるので、これも一緒に査定や買取に出すようにしてください。

コルクには、それがボトルの口を塞いでいる間、ずっとワインが付着していたことになります。そこに残った香りなどがコレクターなどにとっては大きな価値を生み出すのです。

コルク栓はギャランティーカードと同じように、そのワインの価値を証明する役割もあるので、残っていれば高額買取の期待がさらに膨らむでしょう。

傷の有無はしっかり確認する

空きボトルに傷がないかも確認しておきましょう。傷はなければないほど、査定額がアップします。

肉眼で見えない程度の傷であればさほど大きく査定額には影響しませんが、買取業者は査定時にルーペなどを使ってチェックするため、ごまかすことはできません。

それ以上傷などを増やさないように扱うのも大きなポイントです。買い取ってもらうまで大事に保管し、不用意に傷をつけないように注意しながら扱ってください。

これはボトル以外の、ケースやコルク栓などの付属品にも当てはまることです。

ボトルは洗わずに査定に出す

きれいな方が査定額が上がるだろうと、空きボトルを洗ってしまう人がいます。これは空きボトルを売る際にはNG行為です。

コルク栓について説明した時と同じで、コレクターやマニアの中はワインの香りを楽しむ人も少なくありません。洗ってしまうと、その香りを楽しむことができなくなってしまうため、査定額や買取価格も下がってしまうのです。

ボトルの外側だけを簡単に乾拭きするだけで問題ないでしょう。内側はそれ以上ホコリやゴミ等が入らないよう、ラップ等でフタをして香りを保つようにしておいてください。

 

こうやってみると、ワインのボトルは意外と売れるものですね。買取ってもらえることが分かれば次にすることは、それをいかに高い値段で買取ってもらうかです。私のサイトの中に高額でワインを買取ってもらうコツをご紹介してます。より高く買取ってもらいたい方はこちらを覗いてみてください。