絶対ダメ!カフェインとアルコールの同時摂取は超危険!

カテゴリー コーヒーとアルコールについて

カフェインとアルコールの同時摂取は非常に危険!

カフェインとアルコールは、しばしば悪いイメージを持たれてしまうことがあります。それらに中毒性が認められることが原因でしょう。

何であっても飲みすぎは良くありませんが、コーヒーとワイン、これらにはそれぞれカフェインとアルコールが豊富に含まれているので、どちらも好きであっても、同時に飲むことは避けるべきでしょう。

同時に飲むことで直ちに健康に害を及ぼすわけではありません。しかし、大量に摂取すると当然体には良くないため、それを避けるためにどちらかを適量楽しむことを心がけるべきです。

カフェインとアルコールの同時摂取により引き起こされる現象

コーヒーとワインを一緒に飲むと、カフェインとアルコールを同時に摂取することになるわけですが、これにより自らのキャパを超えたアルコールを摂取してしまうリスクが生じます。

カフェインには覚醒作用や鎮痛作用があり、それによりアルコールによる影響を感じにくくなってしまうのです。もし自分が酔っているという自覚がカフェインにより弱まってしまえば、アルコールの大量摂取へと陥り非常に危険です。

また、どちらも利尿作用を持っているので、体内から水分が失われやすくなります。するとその対策として体内に水分を保つよう働くためバランスを崩し、むくんだりお腹を壊したり、ひどい時には脱水症状を招きやすい状態となることも考えられるでしょう。

当然、カフェイン中毒及びアルコール中毒に陥るリスクも大きくなるため、同時に飲むことはやはり避けなければいけません。