手軽に買える!おすすめしたい安いコーヒー豆

カテゴリー コーヒーの豆知識

安くておすすめのコーヒー豆① 小川珈琲店 小川プレミアムブレンド 豆 180g

コストパフォーマンスを重視する方におすすめしたいのが、小川珈琲店の小川プレミアムブレンドです。

1952年に創業された小川珈琲。その歴史に慢心することなく、現在の人の口にも合う高品質のコーヒー豆を作ってくれています。

最大の特徴はバランスの良さ。苦味や酸味はそこまで強くなく、しかし物足りなさを感じさせない程度には味わうことができます。さらにコクも丁度良いため、子供から大人まで多くの人に受け入れられやすいコーヒー豆と言えるでしょう。

使用されている豆はメキシコ、ブラジル、コロンビア、エチオピアの4カ国を産地とするもの。最も多く含まれているのはブラジル産ですが、深煎りと浅煎りを混ぜることで、より良いバランスを演出しています。

② アバンス 徳用 キリマンブレンド (豆) 500g

コーヒー豆のブランドとして有名なキリマンジャロ。それをたっぷりと楽しむことができるアバンスのコーヒー豆です。タンザニアなどを産地とする豆をブレンドして作られています。

酸味が特徴的なコーヒーが出来上がります。インパクトが強いので、好みは分かれるところでしょう。ただしコクもあるため、満足感は強く感じられるはずです。これはコロンビアなどを産地とする豆をブレンドすることにより、バランスが保たれているため。

パッケージングにはこだわっているので、開けた瞬間に良い香りが楽しめ、挽きたての美味しさも堪能できます。

500gと容量が多いですから、お試し的に購入してみるというよりは、酸味の強めのコーヒーを毎日のように飲む方用となるでしょう。

③ UCC 炒り豆ゴールドスペシャルスペシャルブレンド AP 360g

コーヒーメーカーとして知られているUCC製品の中でも、特におすすめしたいのが、炒り豆ゴールドスペシャルのスペシャルブレンドです。

ブラジル産やコロンビア産などの豆をブレンドし、とてもコクの強いコーヒーを作り上げています。その中に苦味や酸味も適度に感じられはしますが、さほど強い主張はしません。コク重視の方に飲んでもらいたい豆です。

ブレンドの良さを最大限引き出しているのが、単品焙煎です。豆を種類ごとに焙煎し、その後ブレンドしているため、味にブレやぼやけがありません。

手間をかけているからこその美味しさを感じることができ、価格の割にはかなり高い満足度を得ることができるでしょう。

④ 【焙煎珈琲】マイルドカルディ/200g(豆)

コーヒーや輸入食品を取り扱っているカルディーコーヒーファームの【焙煎珈琲】マイルドカルディも、安く手に入れられるにもかかわらず非常に美味しい、クオリティの高いコーヒー豆です。

ブラジル産やコロンビア産の豆をブレンドしており、かなり丁寧に風味のバランスが整えられている印象があります。

煎りはそこまで深くはないため、比較的口当たりがよく、さっぱりと飲むことができます。しかし、ライト過ぎず重過ぎもしないので、浅煎りを普段口にしない人でもしっかりと味を堪能することができるはず。

好き嫌いが分かれにくいコーヒー豆と言えるのではないでしょうか。