高額でワインを買取ってもらうコツを伝授

カテゴリー ワイン買取について

ワインを高額で買い取ってもらうコツ① 複数の買取業者に査定を依頼する

自分ではもう飲まないとはいっても、不当に安く買い取られるのには納得がいかないはずです。コツを知り実践するだけでも、高額でワインを買い取ってもらうことができます。

ワインの買取を行っている業者は少なくありません。全てはさすがに無理でも、できるだけ多くの業者に査定を依頼しましょう。

実践してみるとわかりますが、業者ごとに査定額が異なるはずです。もし1つの業者にしか依頼しなかった場合、さらに高額で買い取ってもらえる業者を逃すことにもなりかねません。それではもったいないので、複数の業者に依頼する必要が出てくるのです。

ワインはそもそも高額買取が期待できるお酒です。高いものでは数十万円や100万円を超えるものもあります。価値の高いワインであれば業者によって数万円以上の査定額の差が出てくることも珍しくはありません。

一般的なワインでも1,000円や2,000円の差が出ることはあるので、得をしたければ多くの業者の鑑定や査定を受けることをおすすめします。

② 飲まないことが分かったら可能な限り早く査定に出す

稀に、ワインは古ければ古いほど高く売れると勘違いしている人がいます。確かに古いワインは高額で取引されることがありますが、そのようなワインはそもそもの価値が高く、さらに保管状態も素晴らしいものに限られます。

通常は放置していればいるほどボトルやラベル、コルク栓などが劣化し、中身にも悪い影響を与えてしまうものです。劣化した状態のお酒は、いくら古くてもよほど貴重なものでない限り、高く買い取ってもらうことはできません。

もう飲むことはないと判断したワインがあれば、できる限り早めに査定や買取に出しましょう。

ワインセラーなどの設備がない人はもちろんですし、ワインについてあまり詳しくないのであれば、早めに出せば出すほど高額買取の可能性が高まります。逆に、売るタイミングが遅れれば遅れるほど価値や査定額が落ちてしまうので、決断は早い方が有利であると覚えておくべきです。

③ 査定に出す前にボトルをきれいにする

査定に出す前には軽くボトルを拭いておきましょう。

落ちそうもないシミや汚れに関しては、無理に落とす必要はありません。ボトルやラベルやコルク栓が傷つくと、それだけで価値が下がってしまうためです。

乾拭きなどで軽く拭き、ホコリやゴミなどを取り除くだけで十分です。

最近はカメラでワインの写真を撮り、それを業者に送り査定してもらえる方法が増えてきました。写真の解像度も上がっているので、汚れたまま査定に出すことは避け、きれいな状態で査定してもらうことを心がけましょう。

④ 付属品があれば全て揃えて査定に出す

売ろうとしているワインに、付属品は付いていませんでしたか?付属品とは、主にケースやギャランティーカード、グラスなどです。

ワインはブランデーやウイスキーよりも付属品は少なめです。しかし元々それらがあったのであれば、一緒に査定に出した方が確実に査定額は上がります。

ワインはボトルやラベルや中身も大事ですが、箱なども含めて一つの作品と捉えられることが多いので、もしどこかにしまってあれば、それらも揃えて査定や買取に出すようにしましょう。