おすすめの白ワイン【5000円以内】

カテゴリー ワインのおつまみとちょっと贅沢なワイン

5000円以内で買える!おすすめの白ワイン① ヴィラマリア リザーブ ソーヴィニヨン・ブラン

この白ワインを生産しているヴィラマリアは、ニュージーランドのワイナリーです。すでに50年以上の歴史を持っています。

世界60以上の国と地域で愛されており、ブドウの栽培からボトル詰めまで、非常に厳しい管理のもと行われているのも特徴です。

原料は100%ソーヴィニヨン・ブランを使用。しかし、土壌の性質が異なる畑で作られたブドウを使っているため、単一品種であるにもかかわらず深い味わいを堪能できるワインに仕上げられているところに魅力があります。

フルーティーではありますが辛口テイストで、非常にスッキリとしています。普段は赤ワインしか飲まない人にとっても、物足りないとは感じさせない飲み口です。

とてもコストパフォーマンスの高い白ワインと言えるでしょう。

② ビヨー・シモン シャブリ プルミエ クリュ レ ヴァイヨン

https://item.rakuten.co.jp/bishunomikawaya/0342-chablis-pr-bslv001/

ビヨー・シモンが手がける、フランス・ブルゴーニュ地方の白ワインです。ビヨー・シモンの歴史は200年以上。広大なブドウ畑を有しており、その品質と味は折り紙付きです。商品のプルミエ・クリュが一級の証。素晴らしい格付けの畑で収穫されたブドウを使っていることを証明しています。

ブドウの品種はシャルドネです。これのみを使用し作られた白ワインは、畑などの環境により味が変わります。だからこそ、このワインのように一級の格付けとなっている畑で作られたものこそが本物の白ワインであると、高い評価を受けることができるのです。

ちなみにこちらは、口に入れた瞬間から味と香りが広がります。甘さと酸味のバランスが優れており、後味まで質の高さを感じることができるはずです。

辛口で、アルコール度数は13度。非常に美しい色合いをしているため、グラスに注いだ瞬間から楽しむことができるでしょう。

③ ルイ ジャド ブルゴーニュ シャルドネ

品質に強いこだわりを持つルイ・ジャド。化学肥料はもちろん、農薬すらも使用せずに原料となるブドウの栽培を行っています。伝統的な製法を維持しているため、ブドウの味はもちろん、フランス・ブルゴーニュ地方の空気すら感じられるような独特な風味を楽しむことができます。

醸造には天然酵母が選ばれ、時間を費やしてワイン作りが行われています。量よりも質を重視したワインであることは、ここからもわかるのではないでしょうか。

シャルドネのみが用いられた、辛口タイプの白ワインです。ただ、ブドウの甘さはしっかりと感じられるので、普段ワインを飲まない人や女性でも飲みやすく、万人受けするタイプの白ワインと言えるでしょう。

これだけこだわって作られているにもかかわらず、非常に低価格で流通しています。一度は飲んでおきたい白ワインです。